子供の歯並び

歯列矯正を経験していない人のほとんどの人が何らかの歯並びの問題を抱えているとの調査報告があります。私も実際気になってるので、歯科に相談してみようと思っているのです。では、どうして歯並びが悪くなってしまうのでしょうか?

乳歯と永久歯は、大きさも異なりますが、数も異なります。6歳臼歯と12歳臼歯は乳歯のころにはありませんが永久歯として生えてくる歯です。近年、アゴが細い子どもが増えてきていますが、6歳臼歯や12歳臼歯が生えてくるスペースがないために曲がって生えてくることがあるのです。今後ますます歯列矯正の必要性が高まってきているという感じですよね。

6歳臼歯や12歳臼歯が曲がって生えてくると、手前の歯を押してしまい、歯が移動するのです。そして、生え変わる永久歯がすき間を探しながら(他の歯を押しながら)生えてくるので、歯並びが悪くなってしまうのです。10年ほど前は、歯並びが悪くなる原因の歯は12歳臼歯でした。

12歳臼歯が生えてくるすき間がないために、斜めに生えてきて他の歯を押していくことが歯並びの悪さの原因だったのです。しかし、近年では6歳臼歯が歯並びの悪さの原因となることが多くなってきました。6歳臼歯がアゴのすき間の関係からまっすぐに生えることができずに他の歯を押してしまうのです。それだけ、子どものアゴの大きさが小さくなってしまったということですね。

小平市 歯医者